まつげ美容液 緑内障

MENU

まつげ美容液の代わりに緑内障の薬を使用?その効果と副作用に迫る!

 

まつげを伸ばすために、市販されているまつげ美容液ではなく、緑内障の薬を使用する人がいるという話を耳にする時があります。

 

最初は私も耳を疑ったのですが、よくよく調べてみるとこんな書き込みをネットで見つけることができました。

 

 

まつ毛美容液として緑内障の治療薬を使用したいです。眼科に普通に言えば処方してもらえるでしょうか?

 

なぜまつげを伸ばすのに緑内障の薬なのか?

 

この女性がどうしてまつげを伸ばすために緑内障の薬を手に入れようとしているのか…その理由を更に調べていくと、こんな事実にぶつかりました。

 

緑内障の薬として処方されている「ルミガン」に含まれているビマトプロストという成分には、毛根を刺激し、毛の発育を促す作用があると報告されている。

 

緑内障とは目の眼圧が上がってしまい、視神経や視力が低下してしまう病気。

 

治療法の一つとして点眼薬があり、それを使用した人からまつげが伸びたという報告が多数届き、ルミガンを製造・販売しているアメリカではその報告を受け、早速まつげ美容液として販売を始めました。

 

それを知った日本の一部の女性たちがルミガンを入手し、まつげを伸ばすために使用し始めた…というのが真実のようです。

 

 

ところがこのルミガン
元々は緑内障の治療薬なので、間違って目に入ってしまった際などに眼圧低下などの症状が出ることも。

 

さらに医薬品であるため、用量や用法を守らないと炎症やかゆみ、色素沈着などの副作用も出てしまい、そういった事例も多く報告されています。

 

 

ビマトプロストを含む製品は日本では使えない?

 

当然のように日本では、国の認可が降りていない医薬品を医薬品として販売することはできません。

 

ビマトプロストを含む製品も副作用などから長らく認可が降りていませんでしたが、近年、一部の製品にその許可が降りたようです。

 

 

とはいえ、魅力的な目元を作るために使用して逆に副作用が出てしまった…なんてことは避けたいものです。

 

まつげ美容液を使う際は安心して使用できるものを選びたいものですね