まつげ美容液 成分

MENU

まつげ美容液の成分を分析!注目したい成分、注意したい成分はどれ?

長くて濃い、美しいまつげは女性らしい目元を作り、あなたの魅力を格段にアップさせてくれます

 

 

まつげ美容液はまつげに栄養を送りダメージをケア、そんな願いを叶えるコスメですが、様々な種類が発売されていて、配合されている成分も多種多様。

 

中には使用を注意しなければならない成分を配合しているまつげ美容液もあったりするので、正しい知識を身につけなければいけません。

 

そこでこのページでは多くのまつげ美容液に配合されている成分の中で、注目したい成分、注意したい成分をまとめてみました。

 

注目したい成分
  • 加水分解ムコ多糖

まつげの育毛に働きかけてくれる成分で、コンドロイチンやヒアルロン酸、ヘパリンなどがたんぱく質を中心に固まったもの。
ムコ多糖に水を加えて分解させることで、より浸透性を増しているため、まつげの根元の皮膚周りにもグングン浸透します。

 

  • ビオチン

ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種で、毛や皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれる成分。
毛細血管に働きかけてまつげの発育を促してくれます。

 

  • シルクアミノ酸

まつげのダメージケアを念頭に配合されていることが多い成分で、多種のアミノ酸を含んでいます。
アミノ酸は私たちの身体の源になる成分で、効果的に補充することでまつげやまつげ周りの皮膚の健康を保ちます。

 

 

注意したい成分
  • ビマトプロスト

まつげの育毛に効果があるとされ、一部のまつげ美容液に配合されている成分。
ただし眼圧を下げる作用や、炎症、色素沈着などの副作用が多く報告されているため、取り扱いには注意が必要です。

 

まつげ美容液は目の周り…粘膜の近くに使用するコスメのため、特に肌の弱い人などは注意が必要になる場合があります。

 

このサイトのランキングで紹介しているまつげ美容液はどれも使用者の肌のことをしっかり考えているコスメを選んでいるので、まずはそういった安心できる製品から試してみるのが一番ではないでしょうか